自分に合ったスタイルで投資をする男性

人間みなそぞれぞれ生活を送っていますが、個々の生活スタイルやリズムがあると思います。投資をする際は私はその個人の生活リズムを重視して行うのが良いと考えます。向き不向きももちろんありますので、私の調べた情報ですが皆様と共有できればと思います。

投資の原価を考える上での注意について

最近の企業で働いているサラリーマンにとっては非常に重要となってくるのが、収入源は企業からのものだけでは厳しい状況にあるということです。特に、現在の企業の状況から見ていくと、企業のあげている利益のうち、まずは株主に配当金という形で支払われ、その後に企業のなかでの内部留保と投資にあてられるようになります。その後にはじめて従業員に対してお給料という形で支払われるようになるため、現在の企業においては、配当金や内部留保でお金を使いきってしまうため、従業員のお給料を増やしていくことができないような状況になっています。これは日本における企業としての原価の割り当て方について注意して検討していく必要があるのですが、企業が最優先に考えているのが出資者である株主であり、その次にユーザーであるお客様で従業員はコストとして扱われているためこのような状況になっています。そこで、現在ではこのような状況になっているということをしっかりと認識した上で、自分がどのような立場に立てば良いのかをしっかりと見極めていく必要があります。そのなかでも非常に重要となってくるのが、投資家になることで、株主などの企業にとっても上位の存在になることができるということをしっかりと把握しておくことが大切になってきます。特に現在の企業の考え方は従業員よりも株主の発言を重んじているところが多く、また、企業の社長にとっても投資家達のポジションに関しては非常に高い位置に存在しており、企業の重要なポジションについては会社の従業員が決めるのではなく、株主総会で議決されるということをしっかりと認識しておくと、今後の企業に対する接し方の参考になってきます。